婚約指輪のデザイン

婚約指輪のデザインは、趣味志向により選び方も変わってきます。
婚約指輪を選ぶなら、ダイヤモンドの指輪を選びたいでしょう。
やはり一番人気なのはダイヤモンドです。
そのダイヤモンドの指輪でも、大きめの石の指輪と、小さな石をたくさん散りばめられているものなど、デザインも様々です。

宝石類のデザインは、毎年劇的に変化するというものではありません。
長い時間かけて、少しずつトレンドが変わるということはありますが、大きく変わってしまうこともあまりないのです。
それでもおおまかなデザインを大別すると人気が多少変化するということはあります。
こちら、エンゲージリングの基本デザインについて解説しているページも参考になさってみてください。

実際にそれぞれのデザインから、見ていきましょう。
やはり最も定番なのが ソリティア爪ありタイプです。
ダイヤモンドを爪でとめたタイプで、最も絵になるものなので、
ドラマなどでも分かりやすいということで使われるケースが多いです。

次に小さなダイヤモンドを留めるデザインのメレです。
最近はこのデザインも爪ありに続いて、人気が出てきています。
次がソリティア爪なしタイプのデザインです。
やはりソリティア(一粒石)のすっきりした比較的指にはめてもごつごつしないので使いやすいデザインで人気です。

パヴェといわれるのデザインのものはぎっしりと指輪の腕に石を留める方法なので、華やかで、ボリューム感があるのでゴージャスなデザインを求める人にはよいでしょう。
上記のように代表的な婚約指輪のデザインはいろいろとありますが、シンプル過ぎて今の年齢では似合わないと思うデザインも、数年後、年齢を重ねて指輪をはめてみると
意外と合ってきたり、逆に派手すぎると思うデザインのものでも、自分自身がそのデザインに似合う人間になったというケースも考えられます。

一時の似合う似合わないで判断せず、あまり心配しすぎることなくデザイン選択をしてもいいかもしれません。
こちらのサイトで紹介されている、さまざまな婚約指輪のデザインについての解説も参考にされてみてはいかがでしょうか。