意外に簡単なダイヤモンド選び


ダイヤモンドは、高いし、どれを見てもよく分からない、
デザインの良さ、おしゃれな感じぐらいしか違いが分からないのでどれがいいダイヤモンドなのか選ぶのは分からない、どうすればいいのか不安という人も多いでしょう。

でも実は、宝石の中では、唯一 鑑定書に記載されてグレーディングという評価、グレードわけされているが示されているので、
少し勉強すれば、それなりに判断できるようになるのです。
実は、ダイヤモンド以外の、宝石には、グレーディングという評価のはっきりと記載がある鑑定書はありません。
エンゲージリングの平均価格と相場については、こちらのサイトが詳しいです。

ダイヤモンド以外の宝石には宝石それ自体が天然かどうかを示す鑑別書は、あります。
敷居が高くて憧れのように思えるダイヤモンドだからこそ、選び方が難しいと思われがちですが、
ダイヤモンドだけは鑑定書があります。

他の宝石にはありません。
だからダイヤモンドは意外と選び方が簡単なのです。
4Cという世界基準の評価を基に選ぶのが良いと思います。
カラット、カラー、クラリティ、カットが4Cです。
ダイヤモンドを選ぶ際の基準としては非常に分かりやすい指標となっています。

この4Cをそれぞれ解説します。
カラットは、重さをあらわします。
カラットが大きいとそれだけ大きくなるのですが、
カラットが2倍になったからといって、大きさが2倍になるわけではありません。
重量が2倍と同じ割合で大きさが正比例して大きくなるわけではないという事です。

カラーについて、無色透明なDから、黄みがかったZになるにつれ、評価が下がります。
グレードが高い方が良いのですが、実際素人目には、ほとんど分からないので、予算を抑えたい人にはグレードが低めで考えるのがお勧めです。

クラリティについては、透明度を示す指標になります。
ダイヤモンドの中に内包物がありますが、内包物がないものの方が透明度が高いため
価値があります。

カットについては職人のカット技術により評価が変わるものです。
カットが素晴らしい方が当然高いという事になります。
カットの技術力により、美しさが格段に変わります。
上記基準を基に宝石専門店にて、スタッフに聞きながら
予算と照らし合わせて検討すればよい物が選べるのではないでしょうか。
こちらのサイトで紹介されている、一生モノが見つかるバリエーションのエンゲージリング専門店の解説もご覧になってみてください。