婚約指輪選びの4C

婚約指輪を選ぶ際には、世界標準の G.I.A.(米国宝石学会)基準で4Cという基準をひとつの目安にするのがお勧めです。
日本のダイヤモンド鑑定機関も基本的にはこの基準に基づいて、ダイヤモンドを評価しています。

4Cとは
キャラット、カット、カラー、クラリティです。
キャラットとは宝石の重さを示す値です。
1キャラットは約0.2グラムです。
1キャラットのダイヤモンドの直径は約6.5mmです。

キャラットの値が大きければ大きいほどダイヤ自体の大きさはアップするのですが大きくなる割合としては、キャラットが2倍になったからといって、
大きさが2倍になるわけではないという大きくなる割合も正比例するわけではないので、人それぞれ予算が異なるので一概には、いえませんが、
選び方としては、0.3キャラット程度のものが程よいかもしれません。

カットとは、ダイヤモンドの輝きで最も重要な要素です。
カットは大別すると2つあります。
理想的な形のプロポーションと最良の仕上げのフィニッシュがあります。
フィニッシュがさらに2つに分かれて、ポリッシュとシンメトリーがあります。
これらの評価には5段階のエクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアのグレードがあります。

誰が見ても明らかに見た目が違ってくるグレードがあります。
エクセレント以上が見た目としては、かなりきれいにみえるでしょう。
このように評価基準はありますが、鑑定する機関によっては、基準や名称が多少異なり正式に統一されているグレードではありません。

カラーとは色の評価の事です。
実は、カラーについては、プロでないとあまり差が分かりません。
グレードは無色透明のDという値から、ライトイエローのZまで23段階あります。
色が無色に近いほどグレードが高いとされています。

つまり
最も上級がDで、最も下級がZという事になっています。
違いがほとんど意識出来ないぐらいわからない分、グレードを多少下げても支障がないのではないでしょうか。
宝石のプロでも基準となるマスターストーンと比較してカラーのグレードを判別しますので、
プロでない人が婚約指輪のダイヤモンド単体で判別できるはずがありません。

クラリティとは
クラリティとはダイヤモンドのキズや内包物の大きさ、量、位置に関する評価です。
「フローレス」から「インパーフェクト3」までの11段階で評価します。
この評価も見て判断できるものではないので、素人の場合は比較的気にしなくてもいいかもしれません。
予算とどんなものを求めるかという事に考慮して4Cを目安に指輪選びをすると良いでしょう。
こちらの、エンゲージリングの世間一般の相場についての詳しいページも参考になさってみてください。