セミオーダーする婚約指輪

婚約指輪のセミオーダーとは、数多くのリングと数多くのダイヤモンドとを自分好みのデザインで
合わせて作る事です。
簡単な流れとしては、まずダイヤモンドのルースを予算に合わせて選びます。
次に好きなデザインのの空枠を選んでダイヤモンドにはめ込みます。
仕上がりの感じも出来る前から予想できます。

全てフルオーダーという事になるとデザインから全てを行うという事なので多少金額的にも割高になったりします。
また、自分自身のイメージが完全に固まっていて、うまくデザイナーに伝えたりできれば、いいのですが、やはり素人だとそううまくはいきませんので、
フルオーダーだからといって完全に満足のいくものが出来るとは限りません。

それにひきかえ、セミオーダーであれば、ある程度、デザインが出来ている物から
選択するという形なので、比較的、クオリティの高い物が出来る可能性が高いのです。
やはり、それなりにプロが一定のレベルまで作り上げているものから選ぶという方が、素人には合うのかもしれません。

標準以上のレベルの物が出来る可能性が高いセミオーダーですが、注意点があります。
結婚指輪と婚約指輪を重ねて同時につけたいと考えている人が多いのですが、
その場合、それぞれがそれぞれの個性を殺しあわないようにしないといけません。
二つが調和するように二つのデザインのテイストがあまりにも違うものなりすぎないようにしてください。
また、有名ブランドの婚約指輪についての解説は、こちらのサイトをご覧になってみてください。

セミオーダーは、ある程度選べる楽しさ、喜びを味わえるうえに比較的良い物が出来る良さがありますが、
最近ではただ単にルースと枠を組み合わせるだけでなく、リングの素材を選ぶことが出来たり、埋め込む石を選ぶことが出来たりと少しずつ、
いろんな箇所で『自分なり』のよさ、他にはないものをバラエティ豊かな方法や形で出せる工夫がなされています。

このようにセミオーダーには、
組み合わせの選択によっては、他には誰も持っていないデザインの指輪を二人だけが持っているということもあるかもしれません。
何よりも二人でいろいろと試行錯誤、どれがいいのか議論し、考えながらデザイン、石、色、素材を決めていくのは、一生の思い出に残るというところも大変良いのではないでしょうか。
その思い出こそがオリジナルで、一生の宝物になるので、おススメです。
こちらでは、エンゲージリングの素材について詳しく解説されていました。とても興味深いので、ご覧になってみてください。