婚約指輪の素材

婚約指輪の素材にもいろいろあります。
まず、婚約指輪の最も定番の素材は、やはりプラチナです。
ほとんどのカップルがプラチナを選んでいます。
ただ、日本ではプラチナの婚約指輪が主流ですが、それでないと絶対にダメというわけでもないので、

デザインなどから自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

婚約指輪に使われる素材について、いくつか説明、ご紹介していきます。
プラチナは、変色や変質がなく、変化をすることがない丈夫なものなので、婚約指輪としては最適です


さらに純粋で稀少性ということもありますし、ずっと変わらない姿を維持できることから、これが永遠

を連想させるものとしても
これから結婚しようとするカップルを称称するものとしてプラチナが採用される理由のひとつでもあり

ます。

白金(はっきん)とも呼ばれます。
不変性はあるものの、プラチナは、純粋なものですと、耐久性や強度は、弱いため、他の金属を混ぜる

事により頑丈さを引き出しています。
純粋だと強度があるというものではないということです。
使い勝手の面では、表面が酸化しないように出来ているのでアレルギー反応を起こしにくいのです。
強度が強くて、変色もせず、アレルギーも起こさないという大変魅力的な素材であることが分かります



他にも婚約指輪に人気の素材は、ゴールドです。
ゴールドにもホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドとあります。
その中でもイエローゴールドが人気です。
イエローゴールドのメリットは、酸化、腐食しない、美しさが変わらないという事です。

強度の面でいうと、純粋だから頑丈というわけではなりません。
強度を増すために他の金属を入れるという事をします。
硬度を上げると傷が付きにくくいのです。
他にもホワイトゴールドはほぼ無色なので見た目はプラチナと似ています。
プラチナだと予算が合わないという人には、こちらの方が安く買えるので、プラチナに次いで人気があ

る素材です。

ピンクゴールドはゴールドは、女性に支持されやすいかわいらしいピンクの色合いを
持つ素材です。
実はこのピンクゴールドは非常に加工が困難な地金なので、ジュエリーを作るときには高い技術力を持

つ信頼ある工房にお願いする事をオススメします。
ちなみに、混ぜる銀と銅の割合で銅を強くする事によって赤みを帯びた『レッドゴールド』になります



こちらのサイトでは、結婚指輪と婚約指輪のデザインについて、詳しく解説しています。