指のタイプ別婚約指輪

人の指のかたちも長さ、太さ、節の形などもありますので、その指の形に合う婚約指輪のかたち というのもあります。
指のかたちごとにどんな指輪が合うか、指輪の装着具合とデザインのフィット感を見てみましょう。

指が長い人、太い人にはこんな結婚指輪はいかがでしょうか。
大きめの指輪がいいのではないでしょうか。
指の長い、太いを目立たなないようにするには、メレダイヤをあしらわれた一見派手に見えるかもというぐらいのものがが合います。
シンプルな一粒石なら、これも大きい石を選んで、太い指をすっきりと見せたいなら、曲線を描いたものがおすすめです。
こちら、婚約指輪に選ばれる宝石のページも、参考になるかと思います。

指が短い人にはこんな結婚指輪はいかがでしょうか。
曲線ラインを使ったリングが良いです。
身近い指がすらっと細長く見えるようになります。
S字型や波型のようなリングであれば、短くて不恰好だと思っていた指もあまり気にならないで済みます。

結婚指輪は普段の日常生活で装着するものです。
指のかたち、長さ、太さの欠点をカバーするためにいろいろと工夫を凝らす事が出来ます。
常に身に付けるものなら、綺麗で、おしゃれで、実用性がないよりは、
自分の指のコンプレックスをカバーできるようなデザインや使いやすさが優れている方が良いように思えます。

高級志向でブランドだけで選ばない方が良いのではないでしょうか。
恐らく、ほとんどの女性の人が指が細くてきれいな人にあこがれる気持ちを思っているのではないでしょうか。

女性ばかりではなく男性にも指輪の合う、合わないは重要です。
例えば指の関節などが太かったり、逆に細すぎると。
指輪が外しにくい、または知らないうちにすぐ外れてしまう、という事が起きて、ずっとつけていられないという気持ちになり、装着しなくなってきます。
そうなると、せっかく結婚の時に盛り上がって、思い出の品として購入した指輪がもったいないです。
だから、結婚後、しばらくたつと、この指輪とは別の物を買い替えたりすることもケースとしてはあります。

でも、最初の指輪選びで、指のタイプをしっかりと考慮に入れて、適切な婚約指輪を選ぶことが出来たのであれば、それはずっとつける事が出来たので、それにこしたことはないとは思います。
このサイトの、オーダーメイドのエンゲージリングに関する解説ページはとても分かりやすく、おすすめです。