婚約指輪の見極め方

婚約指輪の選び方、見極め方は、素人の人にとっては、
自信がないので、どうすればいいのか迷うところでしょう。
婚約指輪は、高額な物なので、一生に1回であり、プレゼントする女性にも喜ばれないといけませんので、しっかりと見極めないといけないでしょう。
予算も限られているでしょうから、理想的なものが手に入れる事が出来るとは限りません。
だからこそ、見極め方が非常に重要になります。
このサイトの、婚約指輪の値段についての詳しいページはこちらをご覧ください。

ダイヤモンドについては、4Cが世界基準となっています。
日本のダイヤモンドにもこの基準を用いてグレードを判断しています。
この4Cがひとつの目安になります。
婚約指輪を見極める時に必要な知識です。
4Cとは、カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)、カット(Cut)のことです。

これによってグレードが分けられています。
このグレードの分類をグレーディングといいます。
カラットはダイヤの重量から大きさを評価するものです。
ダイヤの重量を正確に小数点第3位(1/1000カラット)まで測定します。
1カラットは0.2グラムで計算されます。
カラットが2倍だから、大きさが2倍になるとは限らず、カラットが大きくなる割合とダイヤモンド自体の大きさの割合が正比例するわけではありません。

カラーについては無色とされる最高ランクのDカラーから黄色が強くなるZカラーまでの評価があります。
ただし、このカラーについてはランクが低いものでも、プロでもあまり見分けがつかないぐらいのレベルです。

クラリティーとは透明度の評価を示すものです。
表面上の特徴やダイヤモンドの中に含まれている内包物があり、どのくらい透明度が高いかを示す評価です。
内包物は、プレミッシュよりグレードや耐久性に与える影響は大きいです。

カットとは職人の技術の評価という事にもなります。
職人の技術力によってダイヤモンドの美しさも変わってきます。
評価のグレードはエクセレント、ベリーグッド、グッド、フェアー、プアーの5段階に分けられます。

この4Cの評価を目安として見極めてみる事になります。
重視すべきポイント、そうではないポイント等それぞれありますので、
自分の好みの予算とデザイン、グレードと相談して決めましょう。
このサイトの、エンゲージリングにダイヤが選ばれる理由の解説ページも是非ご覧になってみてください。